噂のジェネリック医薬品とは | 特有のコンプレックスは治るものです。ED治療約で自信を戻そう
menu

噂のジェネリック医薬品とは

倒れている瓶に入っている茶色い錠剤

これまで紹介してきた、バイアグラなどのED治療薬はジェネリック医薬品として販売されていることが多くなっています。ジェネリックはここ最近でも増えている医薬品の販売方法です。
ジェネリックとは何かといいますと、海外で元々開発が終わって完成している医薬品を国内のメーカーが日本人向けに改良して販売している医薬品になります。でも、なぜ国内で制作して販売せずに海外で開発されている医薬品を購入するようにしているのか?というような疑問かを思い浮かぶと思います。これは結論から言いますと、経費の差が激しすぎるからです。
もし、国内で何もないような状態で一から医薬品を作るとなれば、まずそのための施設や人材を用意しないといけません。それだけでも時間な経費が必要になります。もちろん、そのための材料も必要になります。しかも、そのための時間は1年や2年ではいけません。最低でも10年以上は考えておかないといけません。
この10年も開発や準備をしないといけないとなれば莫大な費用と途方も無い時間になってしまうのです。そんな余裕はどこの製薬会社にも無いのです。もし、完成しても単価を上げざるを得ないのです。そうなると、購入する人も少なくなり元を取ることができません。でも、ジェネリックならそれほどの経費は必要ないので医薬品メーカーも販売しやすく、購入もできるのです。これからもこのジェネリックという形は増えていくことになるでしょう。